住宅設計の所内コンペを行いました。

結設計では先日、住宅所内コンペを行いました!

二世帯住宅と診療所併設住宅の2つを所員それぞれが設計し、持ち寄りました

持ち寄ったプランをお見せしたいのですが。。。

まだ掲載出来ませんので、今回設計したお宅の敷地調査に行ったときに見かけた素敵な外構の写真(つまり、全然関係のない写真です、、、)を紹介いたします!

今回見つけたのは、「ふとんかご」を利用した緑化された石塀と杉板コンクリート打放しの外壁です。

もともとふとんかごは、中に石をつめて土留めに使う土木工事資材です。

最近では石と詰めて石垣としたり、保水性の高い軽量土壌を詰めて緑化緑化ユニットとしたり、幅広く使われています。

ふとんかごによる緑化と杉板コンクリート打放しが、とても相性が良い印象を受けました。

この杉板模様のコンクリートですが、

コンクリートを打つときの型枠に杉板を使用することで杉板の模様をつけるというものです。

結設計の住宅でも以前使用したことがあります。

杉の模様がとてもいい風合いを出していて、コンクリート打ち放しのかっこよさと木の暖かみ、両方を兼ね備えた住宅になりました。

施工の難易度や特徴については、書き始めると長くなるのでまたの機会にいたします。

作品集ページにてS邸:東京都豊島区(杉板コンクリート打放し使用)がご覧頂けます。

このページのトップへ